★プリティ-アップル ブログ★

チワワ&プードルのブリーダー日記

12/9~12/10にかけてドルーピーの出産がありました。

私の出産予測は、12/8でしたが
1日遅れで

12/9も全く出産徴候はなく
何時も通り、外で走り回り
チョロチョロしてる おニャン子ちゃんを見ては、吠えまくり

食欲も何時も通りの早くクレクレ状態
一瞬で完食!!

気になってたんで何度も何度も様子を見に行ってましたが
全く気配なく、ケロッとしてました。

が .............

夜、人間の晩ご飯が終わり

見に行ってみると

出産独特の匂い

産箱に敷いてあった毛布を退けると
1匹既に出産してて
可哀想に死んでました。
男の子でした。

その後、すぐに2匹目(小さい女の子)
3匹目は、小さい男の子
4匹目は、小さい男の子でしたが
胎盤剥離してて羊水を一杯飲んでて
出た瞬間、駄目だと分かってましたが
可哀想で30分くらい蘇生しましたが
戻って来る事はありませんでした。

5匹目は、AM2:35 兄妹の中で一番 大きく元気な女の子でした。

生きてたのは、3匹でしたが
2匹が58gと61g
プードルの赤ちゃんでこの大きさは小さすぎ
チワワは、たまにあるんですが

50g前後は、生と死のボーダーライン
助かる子もたまに居ますが
ちょっと難しい大きさ

お乳に吸い付く事が出来きる子達だったので
助かるかも??と

頻繁にお乳を吸わす様にして
吸い終わるまで外れない様に頭を支え
寝不足になりながらも補助をしましたが
日曜日にお乳に吸い付かなくなり
小さい子2匹は、残念ながら死んでしまい

最後に生まれた女の子 1匹になってしまいました。

ドルーピーのお乳の出が今一っぽいので
チワワのエレンのお乳を吸わせたりして

何とか昨日から出る様になってきたみたいですが
まだ、放っとけなくって定期的にしっかり吸い終わるまで
ドルーピーのサークルに張り付いてます。

今回、出産の時間も以前より時間がかかったのは

(出産と出産の間隔が長かった ........ )

多分、胎盤剥離した子が居たからじゃないかと思います。
胎盤から酸素を貰っているのが
胎盤が外れると早く肺で呼吸をしなくてはいけないのに
お腹の中に居ては息が出来きませんし
おまけに羊水の中ですから羊水で溺死してしまうんですよね。

前から思ってましたが
お腹の中に死んでしまった子が居ると  
ちょっと普段とは違う異常な出産になる様な気がします。

出産日からずっと寝るのは毎日、朝4時
昼寝する暇もなくって.........
流石に疲れもたまり
今日ってか日付け変わって昨日は
夕方寝をして少し体もましになりました。

一昨日は、シルビア、セーラの子犬達を連れ
初めて一人で高速に乗り神戸の明石まで

長時間留守になるので
ドルーピーの赤ちゃんを置いて行く事が出来ず
赤ちゃんとドルーピーではなく お乳の出るチワワのエレンを連れて

神戸の友人ブリーダーに電話で人間ナビをして貰って
何とか無事到着!!

凄く丁寧な獣医さんで全身、しっかり診て貰い
(丁寧すぎて感動しました)

無事、ワクチン接種!!

その後、友人ブリーダーの家におじゃまし
ドルーピーの赤ちゃんにエレンのお乳を吸わせながらお喋りに花を咲かせ

家に帰って来たのは、夜9時半でした。
神戸に向かって家を出たのは、昼の2時

ドキドキの高速でしたが
湾岸線と阪神高速だったので
交通量も大阪市内と違い少なめだったし
左を走ってたら後ろから勝手に追い抜いて行ってくれるし
気分的には楽で
緊張してる気はしていないのに
手の汗が半端じゃないほど出てベチャベチャ
ハンカチを膝に置き手の汗を拭きながらの運転でした。

子犬達、長旅にも関わらず行きも帰りも静かに爆睡のお利口さん達でした。

今度は、24日にジャンボ君と女の子を
連れて神戸にワクチン行く予定です。

今日もこれから色々としなくちゃいけない家事もあり
また、4時かなぁ~

ドルーピーの赤ちゃんが助かる様に暫くは寝不足覚悟で補助します^^



DSC04438.jpg
DSC04437.jpg





DSC04445.jpg

DSC04450.jpg
スポンサーサイト
トラックバック URL
http://gonrisa.blog14.fc2.com/tb.php/293-87e7b3e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック