★プリティ-アップル ブログ★

チワワ&プードルのブリーダー日記

P1020312(1).jpg
P1020311(1).jpg
P1020308(1).jpg

6/30 生まれのエリンベビー

兄妹の中で一番 小さい女の子

昨日、死なせてしまう所でした

プードルって成犬も子犬も
お尻の穴を気を付けてあげないと
お尻の穴の周りの毛にウンチが付き
カピカピになってこびり付き
ウンチがお尻の穴をふたをしてる事があるんです。

早く、お尻回りをバリカンで刈ってあげたら良い事なんですが
忙しさにかこつけて延ばし延ばし

なので毎日、ウンチで蓋されてないかチェックしてるんですが
前日、バタバタで見てなく
昨日の朝、ウンチが蓋してるのを見つけ
洗面所でお尻に付いたウンチを洗ってあげました。

普段ならウンチを洗い流してあげると
何も無かった様にケロッとするのに
ずっ~とウンチを気張り
ちょっとしんどそうにしてるし .......

朝ご飯も食べずエリンのお乳も吸わなく
ほっといたら低血糖の危険ありなんで
ご飯をドロドロにしシリンジで無理やり食べさせましたが

すぐに全部、吐いてしまい
吐いてから 益々 しんどそう
人間でも吐いたらしんどくなるものねぇ。

このまま、様子を見てたら危ないと思い
午前中の診察時間は終わってたけど
ダメ元で泉佐野の何時もお世話になってる獣医さんに電話してみると
看護婦さんが出てくれ
先生、手術中でしたが
終わってから診てくれると言ってくれ

急いで連れて行った所
体温と検便
検便の結果、なんちゃら細胞が一杯出てると .....

この細胞が出てると言う事は、腸炎を起こしてる証拠なんだそうです。
お腹に聴診器をあてて確認してくれると

「腸が全く動いてませんよ」って

エッ―

腸が動いてへん = 死ぬの?

「先生、もうこの子 アカンのですか?」って

先生も首を傾げるだけで

はっきりとは、何も言ってくれず

益々、不安に .......

「ちょっと目がうつろやから低血糖 起こしかけてるみたいですね」って

やっぱり ...... どっちみち点滴をお願いするつもりだったんで

「先生、点滴してください」

すぐ、点滴して貰い

腸の動きを良くする注射と抗生剤の注射

ブドウ糖を1時間おきに飲ませ
晩御飯は、フードより高カロリーの缶詰を時間を空けて少しずつあげる方が良いと
指示を受け

抗生剤と腸の動きを良くするシロップの薬を
5日間出して貰い帰って来ました。

腸が動いてなかったら ご飯も食べれなくなるし
吐くんだそうです。

もう生後43日になるのに私の不注意の為に

死なせてしまうんやろか?と

悲しくて悲しくて

どうなるか分からんけど
先生の指示通り、やってみなアカンわと

昨日は、不安で不安で この子から目が離せず

バスケットに子犬とアンカと毛布を入れ
ちょこちょこ覗いてました。

吐く様だったら
注射で薬を入れるので
夜の診察に来てくださいって言われてましたが

しんどそうにしてるものの
お蔭様で吐く事無く

缶詰も回数分けて食べさせ
夜、兄妹達にママ犬のエリンのお乳を吸わす時
この子も入れてみると
兄妹に負けず吸い付いて行ってくれたんで

元気になってくれたやんと
とりあえず ホッとしました。

夜中になって兄妹と一緒にしてみると
元気にジャレて遊び
何時もの ふやかしたフードも少し食べてくれ
ウンチもし


元気になってくれてるやん
これで死んでしまえへんやろ~と思うと

嬉しくて

夕べは、とりあえず 1匹でバスケットの中で寝て貰ってましたが
夜中、寂しいって夜泣きするので
泣かしてもしんどいやろうしと
兄妹の中に戻してあげると喜んで静かに寝てました。

1日、お尻のチェックを怠った為に
可愛そうな目に合わせてしまい

でも、今までウンチが蓋をした為に
腸炎にまでなってしまったなんて初めての経験でした。

あのまま、夜の診察の時間まで様子を見てたら
低血糖を起こし痙攣が起きダメだったでしょう。

少し様子を見ようとせずに すぐに獣医さんへ連れて行った事と

時間外でも診てくれ
適切な診断で処置して貰ったお蔭で

この子の命を助ける事が出来ました。

診て貰う獣医さんによっては、死なせてしまってたんじゃないかと思います。
近くで良い獣医さんに知り合えて良かった

今日は、も一つ元気になり ご飯も自分で食べ
何時もの様に兄妹でジャレテて遊んでます。

元気になっても
シロップの飲み薬は、3日間は絶対に飲ませて下さいねって言われてますが

この飲み薬、めちゃめちゃ苦いみたいで
可愛そうなほど嫌がってますが
我慢して飲んで貰わなねぇ

ドキドキで
またまた反省しなアカン出来事でした。

もし、死なせてたら 立ち直れない位
何日も何日も引きずってたと思います。



スポンサーサイト
トラックバック URL
http://gonrisa.blog14.fc2.com/tb.php/383-df7c6570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック