★プリティ-アップル ブログ★

チワワ&プードルのブリーダー日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マミちゃん、

昨日、11/19の昼過ぎ 

男の子 1

女の子 1

無事、出産しました。


出産前々日のカット後のマミちゃん。

       
        

P1050450(1).jpg
P1050452(1).jpg


昨日、お昼過ぎ 陣痛が来てる所です。


              

P1050480(1).jpg
P1050481(1).jpg



それから暫くして ........ 2匹 産みました。


P1050501(1).jpg


PM 1:06 に産まれた 男の子 164g


P1050491(1).jpg
P1050494(1).jpg




PM 2:16 に産まれた 女の子 99g


 の男の子との違いが分かりますか?

産まれて羊膜を破る前からおかしいのが分かりましたが
急いで羊膜を破り

見てみると

思ってた通り、男の子に比べて未熟

頭、足先に毛が生えてません。
ボディーの毛も短い

数日、早く生まれた様な状態の子です。

丸々60日で生まれてるのに
何でこんなに育ち具合が違うの??って感じでした。


産まれて暫く、パクパクが治まらず
摩りながら暖めて
やっと、パクパクも止まり呼吸も正常になりましたが
お乳を吸う力が弱く



P1050489(1).jpg
P1050488(1).jpg


アカンもんは、幾ら手を掛けても助からなく
苦しみを長引かせるだけなので
本当は、したくなかったんですが
見てたら可哀想でほっておく事が出来ず

獣医さんで カテーテルとシリンジを買って来てました。


お乳を吸う力が無い赤ちゃんには、
直接、胃にミルクをカテーテルで入れてあげるんですよ。


きっちり胃に入れないと
肺に入ってしまうと誤飲の為、一瞬で死んでしまうんです。

ブリーダーを始めた頃は、何とか助けたくて
寝不足になりながらカテーテルで哺乳しましたが
カテーテル抜いた瞬間に死んでしまった事も何度かあり

その度にカテーテルをするのが怖くなり ........

カテーテルを一生懸命やった所で助からない事も学び


今まで幾ら一生懸命、哺乳してもカテーテルで育った子は居ないのが現実なんです

1匹だけ、カテーテルを1週間し
その後、自分でお乳を吸える様になり育った子が居ました。

この子も そうなってくれると嬉しいんやけど .......

獣医さんへカテーテルを買いに行った時に獣医さんに育ち具合の違いを言うと

「それは、女の子の方が受精した日が数日遅かった為でしょう」

との事でした。

犬は、複数のオスと交配すると
複数のオスの子共を妊娠すると言いのは知ってましたが

お腹の中で受精のタイミングが違う場合もあると言うのは知りませんでした。

先生のお蔭で勉強になりました。

この女の子は、普通より3~4日早く生まれて来てしまった状態なので
助からないかもしれませんが
もしかして?に掛けて哺乳、頑張ろうと思います。

でもね。
助けたらアカン子の場合もあるんですよ。



P1050486(1).jpg



カメラを構えてるのが怖くて ちょっと ビビリ気味の リーリーさん

表情が可愛いでしょ~

           


P1050485(1).jpg
スポンサーサイト
トラックバック URL
http://gonrisa.blog14.fc2.com/tb.php/431-5418cfe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。