★プリティ-アップル ブログ★

チワワ&プードルのブリーダー日記

世間では、楽しいはずのクリスマス

うちは、イブの晩から クリスマスじゃなく 苦しみますになってます。


あまりにも酷い出来事なのでブログには書かない方が良いのかも

思いましたが ....... 





イブの夜、ケンタのパーティーバーレルを次男と2人で食べて数時間は

のんびり過ごしてました。

が .......

夜中0時をまわって子育て頑張ってる シェリーを何気に見ると

左目が赤い

近寄って見てみると

 左目の眼球が飛び出してるやん

なんでそんな事になってるん

そっからパニック

上下の瞼を閉じさせて目を入れようと押してみたけど

痛がるし 入らへん ....... 素人が 無茶苦茶してもアカンし

頭の中は、なんでやのん

何で いきなり そんな事になってるん

目が飛び出して まばたきが出気ひんから

目が乾いてなんかなるんちゃうん

どうしょう

獣医さん開いてる時間なら速攻行くけど ...... 夜中

夜間救急へ ...... とも思ったけど

高額なだけで アテにならへんし

パニックで頭グルグルなりながら色々と考え

朝一で 高石の獣医さんへ行く事に決め

HP で 掛かり付けの 副院長先生の出勤を確認した所

生憎の休み

10年位前から 何時もの獣医さん達では治して貰うの無理やろうと思う症状の時は

この副院長先生に診て貰いに行くんです。

性格的には、苦手な先生なんやけど

的確な診断と的確な処置で何度も犬達を助けて貰ってるんで

今回もと思ってましたが ....... 休み

でも早く見て貰わなアカン状態やし

大きい病院で獣医さんも一杯居る病院なんで

しっかり診て貰えるやろうと ......


朝7時起きで 犬達をトイレだけさせ

多分、シェリーは、麻酔を掛ける事になるやろから

朝ご飯抜いといた方が良いやろうと

9時の診察開始には、到着しときたいと思い

朝の通勤ラッシュも考え 8時に出発

9時ちょっとに到着し8番目に呼ばれ

診てくれたのは、 インターンの様な お兄ちゃん先生

症状が酷いので 院長先生が診に来てくれて

眼球が飛び出す症状は、

目の奥に腫瘍がある場合は、いきなり飛び出すのではなく日にちを掛け少しずつ出て来るんだそうです。

でも、シェリーの場合、まだ 2歳と若く

いきなり飛び出したので腫瘍は考えられなく

他の犬との喧嘩で角膜を噛まれるか傷つけられて飛び出した可能性が高いと .....

ここ数日、バタバタしてて 全然、外に出してあげれなかったので

やっと時間が取れた事やし

久しぶりに2時間弱、外に他の犬達と出しました。

掃除しながら見てたけど喧嘩は無かったのよ。

考えられるのは、同じく 子育て中の コロも一緒に出してたので

遊ばせ終わり2匹抱っこして家に入ったんやけど

2匹とも抱っこされたまま足をバタバタさせてゴソゴソ

絶対、落とさない様に暴れる2匹を何とか抱き連れ帰ってる時に

コロに目を突かれたんかも

それしか考えられへんねんけど

じーっと見てた訳じゃないけど

連れて帰ってからも

パーティーバーレルを食べてた7時過ぎに見た時も

別に目の異常は感じられへんかったし

食べ終わってから0時過ぎまで見て無かっただけに

何時から目が飛び出したんか分からへん ........ 原因もね。


院長先生、見るなり

「これは、緊急ですよすぐに検査して処置しましょう」

「眼圧を下げて 眼球を入れてみて入らない場合は、眼球摘出を覚悟して下さい」


眼球摘出かも 聞いた瞬間 ショックは大き過ぎ

院長先生の指示通りの検査を お兄ちゃん先生にして貰い

何とか そうならん様に祈りながら預けて帰りました。

術後、何とか眼球が入ったとを貰いました。

ただ、これからの経過によって眼球の摘出もあるかもとも

眼球がまた、飛び出さない様に上下の瞼を縫い合わせてる

(瞼の皮膚が糸でちぎれない様にゴムで止めてる)と言ってました。

勿論、目を掻いたりしない様に 暫く首にカラーも付けたままになります。

当日は、経過観察の為 そのまま入院

今日のお昼前に迎えに行く事になってるので

状態やこれからの事などの説明がある様です。


今まで こんなに一杯 犬を飼ってて

目玉が飛び出したなんて初めての経験

何で そんな事になったんかはっきりした原因も分からへんし

昔、テレビでよくやってた 世界ビックリ人間で目を飛び出させる人みたいに

ぼっこり飛び出してる状態やったからね

朝、どんな状態になってるんか シェリーの顔を見るのが怖かったのと
どうなるんやろの不安で

早起きしなアカンからと ....... 早目に布団に入ったもんの

考えすぎて寝れなく

寝たんか起きてたんか分からん状態のまま

朝を迎え精神的に辛い一日を送った昨日の出来事でしたが

私の苦しみなんかより

痛かったやろうに飛び出した目のまま、一晩中 赤ちゃんの面倒をみていた

シェリーが一番辛かったやろうにね

あの シェリーの姿を思い出すだけでが出ます。

気晴らしに外に出してあげたんが 仇になったみたいで

可哀想な事をしました。


今まで診て貰う時は、副院長先生指名で行ってたので知らなかったんですが

この獣医さんには、眼科専門の先生も居るんだそうです。

生憎、この日は 眼科専門の先生も休みだったんですがね。

なので院長先生が手術してくれたんだそうです。

院長先生もが休みじゃなくてラッキーやったんやけどね。






P1140316(1).jpg
P1140318(1).jpg





モコベビー達

丁度、2日前に生後40日を迎えたのに フードの食い付きが悪く

可哀想やけど ご飯が しっかり食べれる様に 強制的に モコと離してたので


シェリー入院で残された 赤ちゃん達をモコに見て貰う事に

人口哺乳するより ホンマの犬の母乳の方が良いに決まってるからね。


獣医さんから帰って モコに預けてみましたが

お乳は、吸わせてくれるけど

下の世話は、他人の子やから嫌と ...... 拒否

犬舎の掃除から帰ると赤ちゃん達、4匹ともウンチまみれで

えらい事になり モコも めっちゃ嫌がってたので

お湯で洗い、ドライヤーで乾かし綺麗になった赤ちゃん達



P1140327(1).jpg


自ら産箱に入る事を

嫌がってた モコも 夜になってからは

赤ちゃん達と一緒に産箱の中で寝てくれる様になりました

シェリー、今日 帰って来るけど

暫くは、薬を飲まなアカンやろうし

カラーも当分 外せないし .......

カラーを付けたまま 赤ちゃんの面倒を見る事が出来ひんかもしれやんので

子育ては、モコにも助けて貰いながらになると思います。




P1140334(1).jpg
P1140324(1).jpg
P1140322(1).jpg


一緒に寝てる所を こっそり 盗み撮り




P1140336(1).jpg
P1140335(1).jpg




シェリーの これからの経過

赤ちゃん達の成長

また、報告させて頂きます。
スポンサーサイト